一関・平泉

金メダルへポーズ 一関幼稚園 オリンピックごっこ

人気アニメの主題歌に合わせて重量挙げのパフォーマンスを披露する認定こども園一関幼稚園の園児

 一関市字釣山の認定こども園一関幼稚園(佐々木泰子園長、園児196人)で15、16日の両日、オリンピックごっこ「ICHIYO2020」と銘打った運動会が開かれ、園児がさまざまな競技を楽しんだ。

 東京五輪にちなみ、子供たちに運動を楽しんでもらおうと初めて企画。年長組56人が競技し、16日は男子によるボディービルと男女別対抗ラグビーの2競技が行われた。

 ボディービル対決では、この日のために約1週間練習したという7種類のポーズを競い合った。人気アニメの主題歌に合わせて堂々と披露したほか、一人ひとり重量挙げのパフォーマンスも行った。応援の園児は合唱するなどして盛り上げていた。

 島田大喜ちゃん(6)は「みんなでポーズを決めたり、重量挙げをしたりできてうれしかった」、本吉結莉ちゃん(6)は「ラグビーでのボールの受け渡しが楽しかった」と満喫した様子だった。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付