花巻

湯の杜ホテル志戸平 東北最大級ビュッフェに改修 23日オープン【花巻】

ホテル志戸平に23日オープンする東北最大級のビュッフェレストラン「ヒカリノモリ」。森の中にある光あふれるレストランをイメージしている
観光盛り上げへ力

 花巻市湯口の志戸平温泉(岩城修平代表取締役社長)が運営する温泉宿泊施設「湯の杜ホテル志戸平」に、ビュッフェ形式の新レストラン「ヒカリノモリ」が23日オープンする。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、4月下旬だった当初予定から3カ月遅れて動き出す。岩城社長は新型コロナに配慮しつつも「わくわく感」をキーワードとして本県観光の盛り上げに力を込める。

 ライブ×ビュッフェ「ヒカリノモリ」と名付けたレストランは、森の中にある光あふれるレストランをイメージ。17~22日の6日間のプレオープンを経て23日にグランドオープンする。 宴会場やステージなどを全面改修し、広さ約1100平方メートルに約350席を用意する東北最大級のバイキング専用会場。▽シェフたちが目の前で出来たての料理やスイーツを提供する充実したライブキッチン▽県産の食材や地酒、地ビールの提供▽子供向けの高さの低い料理提供コーナー▽キッズルームのあるファミリーエリア▽プロジェクションマッピングを活用した風景の投影―などを特徴としてアピールする。

 感染防止対策として、料理を取り分けるトングを使う際の手袋の利用や、会場の入り口やテーブルに設置した消毒液の利用などについて協力を求める。

 新型コロナの影響による来客減少などを受け同社は、4月13日から1カ月半ほど休業し、6月1日に宿泊と日帰り入浴を再開。レストランでは、感染防止のためビュッフェ形式を取りやめコース料理を提供したり、座席数を減らすなどして3密防止対策を取ってきた。「ヒカリノモリ」も昨年12月から4カ月がかりで工事を行い、当初は4月22日のオープンを予定していたが、延期を余儀なくされていた。

 16日夜には関係者約200人を集めて施設を公開。席上、岩城社長は「政府の緊急事態宣言発令後は客足が減り、泣く泣くオープンを延期せざるを得なかったが、最近では県内を中心にお客さまが戻ってきている。スタッフの力を借りわくわく感があるようなことを実行し、清潔、新鮮でゆったりくつろいでいただけるよう、花巻、岩手の産業のために頑張りたい」とコロナ禍の観光の在り方を模索する。

 7月は前年同期比で宿泊、売り上げともに9割近くまで戻っているということで、7月下旬以降の夏休み期間の宿泊は例年並みに予約が埋まっているという。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年9月26日付
花巻
2020年9月26日付
花巻
2020年9月26日付
花巻
2020年9月26日付
花巻
2020年9月26日付