県内外

一関学院優勝 盛岡大附に4―1 夏季県高校野球大会【岩手】

優勝を決め、マウンドに駆け寄る一関学院ナイン=26日、県営球場

 夏季県高校野球大会(県高野連主催)は最終日の26日、盛岡市の県営球場で決勝が行われ、一関学院が盛岡大附を4―1で下し、優勝した。一関学院は県代表として8月に宮城県で開催される東北大会に出場する。【8面に関連】

 一関学院は三回、3番近江博人(3年)、4番坂本章畝(3年)、5番奥谷奏翔(2年)の3連続適時打で3点を先制すると、3―1の七回にも7番佐々木春磨(3年)の適時打で1点を加え、突き放した。

 投げては主戦菊池悠、小綿大斗(ともに3年)の継投で盛岡大附の強力打線を翻弄(ほんろう)。四回から救援した小綿は散発2安打に抑える快投を見せ、反撃を許さなかった。

 東北大会は宮城県の石巻市民球場を会場に8月9日から11日まで開催され、各県代表の6チームによるトーナメント方式で優勝を争う。

momottoメモ

▲一関学院 投打かみ合い頂点

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年9月26日付
県内外
2020年9月26日付
県内外
2020年9月26日付
県内外
2020年9月26日付
県内外
2020年9月26日付