一関・平泉

クレヨン溶かし色とりどりに 清庵学び塾パステルアート【一関】

クレヨンに専用の溶剤を加えペインティングナイフで練り上げる児童

 一関市民センターが開設する少年教室・清庵学び塾は28日、一関市大町のなのはなプラザで開かれ、児童がパステルアートなどを楽しんだ。

 2020年度2回目の同日は、一関、南、舞川の各小学校から4、5年生7人が参加。同センターで絵画を指導している大原宏さん(同市関が丘)が講師を務めた。

 児童は大原さんの指導の下、パレット用紙の上に青や緑、赤などのクレヨンをペインティングナイフで削り取り、専用の溶剤を加えて練り上げて自前のパステル絵具を製作。あらかじめマスキングテープを貼っておいた画用紙の上に塗った。

 児童がマスキングテープを剥がすと色とりどりの三角形や台形などの模様が現れ、大原さんから「きれいにできたね」と声を掛けられると喜んでいた。

 佐藤鈴音さん(一関小4年)は「塗るのは簡単だったけど、練るのが難しかった。絵が好きなので楽しかった」と笑顔を見せ、松好葵さん(同)は「塗るのは楽しかったし、色がきれいに出たので良かった」と出来栄えに満足した様子だった。

 同日は水にインクを浮かべ、和紙のはがきですくい取って模様を付けるマーブリングも行った。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付