県内外

【新型コロナ】久慈の60代バス運転手女性感染 県内9人目

 県は16日、久慈市の60代バス運転手女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。13日に感染が確認された同市の50代会社員女性の接触者。県内の感染者は9人となった。

 運転手は、会社員女性が12日に乗車した路線バスを運転していた。領収書発行のやりとりをしたといい、双方ともマスクは着用していた。会社員女性の感染が分かった14日に運転業務を早退し、帰国者接触者外来を受診。症状はなかったが、15日にLAMP法と呼ばれるウイルス遺伝子検査で陽性が判明し、感染症指定医療機関へ入院した。

 県は、17日に濃厚接触者とされる運転手の家族1人のほか、バスの同乗者1人を検査し陰性を確認。18日にかけて運転手の同僚7人とバスの同乗者1人を検査する。引き続き会社員女性が12日に乗車した路線バス・スワロー号(午後2時15分二戸駅発久慈駅行き)の乗客に保健所と連絡を取るよう呼び掛けている。

 社員の感染を発表したジェイアールバス東北(仙台市)によると、運転手は12~14日に二戸駅―久慈駅間、久慈駅―盛岡駅間を往復する路線バスを運転。マスクは着用していた。乗務していた車両や関係箇所は既に消毒し、運行に影響はない。

 県によると、17日午前9時現在、感染者のうち4人が退院している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年11月30日付
県内外
2020年11月30日付
県内外
2020年11月30日付
県内外
2020年11月30日付
県内外
2020年11月30日付