奥州・金ケ崎

紅ロマン 出荷始まる JA江刺【奥州】

JA江刺園芸センターで選果された紅ロマン。今年産江刺りんごのトップを切って出荷が始まった

 「江刺りんご」のブランドで知られるJA江刺管内の2020年産リンゴの出荷が18日、極わせ品種「紅ロマン」を皮切りに始まった。奥州市江刺玉里の同JA園芸センターで選果された第1便が指定市場3カ所に送り出された。

 同JAによると、今年産の紅ロマンは不安定な天候を受けてやや小玉傾向だが、おおむね平年並みに生育。8月に入ってからは着色が良好という。

 収穫は13日に始まり、16日から同センターで選果。18日も実が等級別に分けられ、盛岡中央卸売市場、東京青果、大果大阪青果に計約300ケース(1ケース10キロ)を出荷した。

 初競りは20日に出荷先の指定市場6カ所で行われ、順次店頭に並ぶ。例年は初競りセレモニーを実施していたが、新型コロナウイルスの拡大防止のため見合わせた。

 紅ロマンの収穫は25日ごろまでの見込み。今年度の出荷目標は、前年度と比べ紅ロマンが同数の1万2000ケース、江刺りんご全体では3万ケース少ない23万ケースとしている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年9月23日付
奥州・金ケ崎
2020年9月23日付
奥州・金ケ崎
2020年9月23日付
奥州・金ケ崎
2020年9月23日付
奥州・金ケ崎
2020年9月23日付