一関・平泉

中学校駅伝競走大会予選会 男子厳美、女子桜町V【一関】

号砲とともに一斉にスタートする選手たち

 一関地方中学校総合体育大会駅伝競技兼県中学校駅伝競走大会予選会(一関地方中体連主催)は21日、一関市狐禅寺の市総合体育館周辺特設コースで開かれた。一関、平泉両市町から出場した男女各18校がたすきをつないだ結果、男子は厳美が優勝。女子は桜町が3連覇を飾った。

 県中学校駅伝が10月に花巻市で開催することが決まったことから、同予選会の実施を決定。男子は6区間18キロ、女子は5区間12キロのコースで、一関遊水地記念緑地公園を発着点に遊水地周囲堤側道を周回した。

 女子の桜町は2区でトップに立つと、そのまま先頭を譲らなかった。男子の厳美は1区で5位と出遅れたが、2区で一気に1位に浮上。最終6区まで勢いに乗ってゴールテープを切った。

 上位チームは県大会の出場権を獲得。女子桜町の髙橋希星主将(3年)は「自己ベストを出せた選手が多く、いい走りができた。県大会では去年の先輩たちを超えるタイムを出したい」と気持ちを新たにした。

 男子厳美の佐々木瞬主将(3年)は「2区の選手が頑張ってくれた。県大会では今回の予選より早い記録を出すのが目標」と話していた。

 結果は次の通り。(敬称略)

 【男子】
 ◇総合成績(1)厳美(石川聖、佐藤充輝、黒田大翔、高橋凌央、佐々木瞬、佐藤真之将)1時間4分23秒(2)一関一高附(3)平泉
 ◇区間賞▽1区(1)佐藤翔矢(川崎)9分38秒
 ▽2区(1)佐藤充輝10分7秒
 ▽3区(1)黒田大翔10分44秒
 ▽4区(1)菅原聖人(花泉)10分50秒
 ▽5区(1)菅原和真(一関)11分9秒
 ▽6区(1)佐藤真之将10分21秒

 【女子】
 ◇総合成績(1)桜町(佐藤楓、沢田爽乃、佐藤翠、菅原亜海、柳橋希星)45分17秒(2)一関東(3)一関
 ◇区間賞▽1区(1)前田望羽(一関)11分19秒
 ▽2区(1)沢田爽乃7分21秒
 ▽3区(1)佐藤翠7分35秒
 ▽4区(1)菅原亜海7分49秒
 ▽5区(1)柳橋希星11分8秒

momottoメモ

【写真特集】一関地方中総体・駅伝競技
男子 (1) (2)
女子 (1) (2)

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付