一関・平泉

今できる文化祭満喫 大東高【一関】

感染防止策を講じながら工夫を凝らしたイベントやステージを繰り広げた大東高の文化祭「琢磨祭」

 県立大東高校(鈴木尚校長、生徒263人)の文化祭「琢磨(たくま)祭」は28日、一関市大東町の同校で開かれた。新型コロナウイルス対策のため規模を縮小したが、「Be together as one今だからできること」をテーマに、生徒たちが工夫を凝らした行事を楽しんだ。

 一般公開はせず、生徒と教職員のみで開催。飲食物を調理して提供する模擬店を取りやめ、展示やステージも密を避けた形態とするなど新型コロナ感染防止策を講じた。

 例年ならば模擬店を行う3年生は、体験イベントや教室展示を実施。校庭を利用した変則鬼ごっこ「鬼GAME RUN in the school」では、時間制限のあるチーム戦を展開し、企画した畠山琉陽さんと小原陸さんは「密を避けるために外で開催したが、思っていた以上に楽しい」と手応えを感じていた。

 情報ビジネス科の生徒でつくる模擬株式会社「Djob」は、あらかじめ注文を受け付けるカタログ販売を行った。他県の銘菓なども多数取り寄せ、畠芙実さん(3年)は「全く初めての試みだったので、発注量をどれくらいにするか決めるのが大変だった」と苦労を明かした。

 PTAは、例年実施している母親委員会の出店や餅まきの代わりに、生徒らの昼食を地元業者10店に依頼。渡辺貴浩副会長は「いつもとは違う琢磨祭になってしまったが、PTAとしても何かしたいと思って企画した。地元の飲食店も大変な時期なので、共に元気になってくれればと思う」と話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付