一関・平泉

一関35・3度/千厩35・4度 9月の猛暑日 観測史上初

高温と照り付ける日差しの影響で路面がゆがんで見え、道行く人もまばらな商店街=8日午後0時15分ごろ、一関市大町(画像の一部を加工しています)

 8日の一関地方は、高気圧に覆われた影響で未明から気温が高い状態が続き、一関で明け方までの最低気温が25度を上回る熱帯夜にこそならなかったものの24・7度を記録。日中の最高気温は一関で35・3度、千厩では35・4度(いずれも盛岡地方気象台調べ)と35度を超える猛暑日となった。一関市内で9月に猛暑日を記録したのは、観測が始まった1976年以降では初。

 同市の中心商店街では、高温と照り付ける日差しのため路面に現れた「逃げ水」に道行く車が沈み込むようにゆがんで見え、買い物客の姿もまばら。むせ返るような暑さの中、コンビニエンスストアの店先では買い求めたアイスクリームに涼を求める高校生らの姿も見られた。

 同気象台によると、9日の県内は湿った空気や寒気の影響で曇り、午後は大気の状態が不安定となるため雷を伴い激しい雨の降る所がある見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年9月21日付
一関・平泉
2020年9月21日付
一関・平泉
2020年9月21日付
一関・平泉
2020年9月21日付
一関・平泉
2020年9月21日付