県内外

ネットで岩手の物産展 全て3割引き 消費拡大狙う

県が開設したバーチャル物産展のトップページ。全商品の価格を3割引きにしている

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で県産品の売り上げが落ち込んでいることを受け、県は9日、オンラインで商品を販売するサイト「買うなら岩手のもの バーチャル物産展」を開設した。県がインターネットを活用して物産展を開くのは初めて。岩手が誇る伝統工芸品や食品など、全ての商品を3割引きで売り出し、消費拡大につなげる。

 県では新型コロナ感染拡大に伴い、3月に東京で実施予定だった物産展を取りやめるなど、県産品をPRするイベントの中止が相次ぎ、2億円以上の損失が出た。県外アンテナショップの減収も続いていることから、ネットで気軽に商品を購入できるバーチャル物産展の開催を決めた。

 県産品を取り扱う岩手県産がサイトを運営。9日現在、農林水産物をはじめ、食品や工芸品、雑貨などを製造・販売する98社が参加し、計255品を出品している。キーワード検索のほか、「スイーツ」「海産物」「農産物」といったカテゴリーを指定することで、目当ての商品を簡単に探すことができる。商品は、県の予算措置で全て3割引きで提供。販売目標額は2億円。2021年1月29日まで実施する予定。

 期間中は商品の入れ替えも行われる。県産業経済交流課では随時、物産展に出品する事業者を募集。同課は「県外だけでなく、県内の人にも県産品の種類の豊富さを知っていただくことで、新たな販路拡大につなげたい」としている。

 サイトのアドレスは次の通り。

https://iwks-netshop.com/

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年9月27日付
県内外
2020年9月27日付
県内外
2020年9月27日付
県内外
2020年9月27日付
県内外
2020年9月27日付