一関・平泉

宿泊客に朝取れ野菜 プレゼント開始・瑞泉郷【一関】

小野寺支配人(左)から朝取れ野菜を受け取る宿泊客

 一関市厳美町の山王山温泉瑞泉郷(小野寺正幸支配人)は12日、宿泊客に地元産朝取れ野菜のプレゼントを始めた。地域貢献活動の一環で、宿泊客からも喜ばれており、今後も土日に実施する。

 同温泉では、地元の農家から野菜を納入する中で「農家のために何かできないか」と考え企画した。取引のある農家を含め近隣農家から野菜を買い取り、土日のチェックアウト時に宿泊客へプレゼントする。余った場合も返却せずに料理の食材として活用するという。

 初日は、朝取れたてのナス約3キロと今シーズン初めて収穫したサトイモ約1キロを準備。朝からの雨もあり収穫量は少なめだったというが、13日以降は3倍程度の量を用意する見込み。

 チェックアウト後野菜を受け取った市内在住の夫婦は「新鮮な初物のサトイモをいただけてありがたい」と喜んでいた。

 11月ごろからは祭畤産のダイコンに切り替える。小野寺支配人は「来年はもっと早い時期から始め、キュウリなどの夏野菜もプレゼントしたい。いずれは宿泊客を農家に案内し、収穫などの農業体験をしてもらうところまで持っていければ」と語っている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付