花巻

新鮮なブドウ味わって 産直マップでPR・大迫【花巻】

大迫ぶどう産業振興協議会が配布している直売所マップ

 花巻市大迫町でブドウが収穫期を迎え、町内の産地直売所は新鮮な秋の味覚を買い求める人でにぎわっている。市内のブドウ関係団体などで構成する大迫ぶどう産業振興協議会(佐々木和弘会長)は大迫ぶどう直売所マップを配布し、特産品のPRに力を入れている。

 マップは表面に町内13カ所の産直を網羅した地図をデザイン。裏面は各店の所在地や電話番号、販売期間、開店時間、主なブドウの種類、宅配対応、ブドウ狩りができるか、詰め合わせ販売対応などを一覧表にした。A3判、カラー刷りで市役所大迫総合支所や各産直などで配布している。

 同町亀ケ森のブドウ農家鎌田和枝さん(49)が経営する野田ぶどう園直売所は6日に営業を開始。10月上旬までキャンベルやナイアガラ、サニールージュ、シャインマスカットなどさまざまな品種を取り扱う予定で、自家製ブドウ100%ジュースも人気を集める。

 ブドウの生育は例年より遅めだが出来は良く、土日を中心に大勢が訪れており、鎌田さんは「いろいろな品種を食べたい人たちに詰め合わせがよく出ている。毎年来ていただくリピーターもいるし、発送での注文も多い」と話している。

 問い合わせは市大迫総合支所地域振興課産業係=0198(41)3122=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年9月19日付
花巻
2020年9月19日付
花巻
2020年9月19日付
花巻
2020年9月19日付
花巻
2020年9月19日付