県内外

カモシカの赤ちゃん命名 盛岡市動物公園 3候補から、26日まで投票

 盛岡市動物公園「ZOOMO(ズーモ)」は、27年ぶりに生まれたニホンカモシカの赤ちゃん=写真=の命名に、インターネット交流サイト(SNS)のツイッターを活用して投票で決めることにし、26日まで投票を呼び掛けている。

 ニホンカモシカの赤ちゃんは、父親のぱっくんと母親のくららの間に、8月11日に生まれた雌。

 同園公式ツイッターをフォローした上で、職員が事前に考案した「ゆき」「なつ」「れい」の愛称3候補の中から気に入った名前に1票を投じてもらい、得票数が一番多かった名前に決定する。

 27年ぶりの繁殖にちなんで募集から発表までを27日間で実施し、27日朝に愛称看板の設置を通じて発表する。

 現在、同園では赤ちゃん含め3頭のカモシカが飼育されている。広報担当者は「身近な動物のカモシカだが小さい姿はなかなか見る事はできない。園に足を運べない方々にも投票していただき園に関わってほしい」と多くの応募に期待する。

 各候補と命名理由は次の通り。

 ▽ゆき=産まれた時の白い毛色から雪の印象を受けたため。夏場に誕生したことによる逆のイメージと「幸」の意味も込められている。

 ▽なつ=産まれた時期が夏だったため。カモシカの一般的な出産時期が春なのに対し大幅に遅い誕生だったことや、元気や活動的といった夏の持つ印象を込めた。

 ▽れい=令和に誕生したこととカモシカを漢字で表現した「羚羊(カモシカ)」から取り、カモシカに興味を持ってほしいとの願いを込めた。

 問い合わせは、同園=019(654)8266=へ。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付