一関・平泉

重機操り興奮 千厩小で建設業ふれあい事業【一関】

児童が高所作業車の試乗や重機の運転を体験した建設業ふれあい事業

 県建設業協会千厩支部青年部会(近江大介部会長)が主催する建設業ふれあい事業は23日、一関市千厩町の千厩小学校(須藤壽弘校長、児童413人)で開かれた。1年生59人が重機や大型トラックに乗ったり運転したりし、建造物や道路を造る仕事に触れた。

 同事業は、地域の子供たちに建設業への理解を深めてもらうとともに、ものづくりの仕組みを知ってもらおうと毎年実施している。

 同校校庭にはバックホーなどの重機をはじめ、高所作業車、ダンプカー、ロードローラー、ブルドーザーなどが並び、児童は3グループに分かれて試乗した。

 このうちバックホーの試乗では、ヘルメットを着けた児童が作業員と一緒に乗り込み運転を体験。その場で回転して向きを変えたり、大きなショベルを動かして土をすくったりし、児童たちはその力強さに興奮していた。

 志田碧羽君は「バックホーが楽しかったので、また運転してみたい」、高所作業車に乗った大友時雨君は「少し揺れたけれど楽しかった」と話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年10月29日付
一関・平泉
2020年10月29日付
一関・平泉
2020年10月29日付
一関・平泉
2020年10月29日付
一関・平泉
2020年10月29日付