一関・平泉

【いわて瞬感】錦秋鮮やか 栗駒山で紅葉見頃

山頂から天狗岩に続く尾根伝いの登山道。東側に広がる斜面は一面深紅の紅葉に覆われている=29日午前10時40分

 栗駒国定公園にあり、岩手、宮城、秋田3県にまたがる栗駒山(1626メートル)で紅葉が見頃を迎えた。今年は8月以降の猛暑の影響で例年より色づくのが遅れていたが、ここ数日の朝晩の涼しさで木々の紅葉が一気に加速。山頂周辺では山肌が一面鮮やかな深紅に覆われ、全国から訪れる登山客を魅了している。

 29日は朝方から雲が立ち込め山頂付近では視界が遮られていたものの、しばらくすると雲間から日が差し、眼下には一面の紅葉はもとより遠く西には鳥海山を望む雄大なパノラマが一気に出現。山頂付近で休息を取っていた登山客も一斉に立ち上がり、歓声を上げながらしきりにカメラのシャッターを切っていた。

 毎年夫婦で訪れているという秋山茂幸さん(62)=宮城県登米市豊里町=は、「家から近い登山スポットなので年に5、6回は登っている。初夏の草花の美しさも魅力だが『神の絨毯(じゅうたん)』とも称される秋の紅葉は格別で、週末にでもまた訪れてみたい」と語った。

 現在見頃となっているのは岩手、秋田側の登山道沿いにある天狗(てんぐ)岩付近から山頂を経て、宮城側登山道となる中央コースまでの山頂周辺。岩手側登山の起点となっている一関市厳美町の須川高原温泉付近も10月中旬には見頃となりそう。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年10月22日付
一関・平泉
2020年10月22日付
一関・平泉
2020年10月22日付
一関・平泉
2020年10月22日付
一関・平泉
2020年10月22日付