県内外

学院、東日大昌平と初戦 秋季東北地区高校野球 花巻東は鶴岡東

 来春の選抜高校野球大会につながる第73回秋季東北地区高校野球大会の組み合わせが7日、別表の通り決まった。6県の代表18校が出場し、14日から宮城県の石巻、仙台の両市民球場で熱戦を繰り広げる。

 県勢の初戦は、第2代表の一関学院が15日の2回戦で東日大昌平(福島第1)とぶつかる。第3代表の花巻東は14日の1回戦で鶴岡東(山形第3)と顔を合わせる。第1代表の盛岡大附は14日の2回戦で羽黒(山形第2)と対戦する。

 新型コロナウイルス感染予防のため、今季の組み合わせ抽選会はリモートで行われた。準々決勝は17日に両球場で行われ、順調に日程を消化すると決勝は20日。同地区からは例年、一般選考枠で2校が甲子園で開催される選抜大会に出場している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付
県内外
2020年10月25日付