花巻

元気に里帰り サケの遡上本格化 北上川支流 花巻市内

里帰りして瀬川を上るサケ=花巻市上小舟渡

 花巻市内を流れる北上川の支流でサケの遡上(そじょう)が本格化した。同市上小舟渡の瀬川にも多くのサケが産卵のため里帰りし、時折水しぶきを上げながら泳ぐ姿を市民らが温かく見守っている。

 地元住民らによると、遡上が始まったのは10月上旬。ここ数日は水位が低く遡上したサケが合流点付近にとどまっていたが、前日の雨で水かさが増した13日はペアになって生き生きと泳ぐ姿が多く見られた。

 宮沢賢治が命名したイギリス海岸そばとあって観光客も訪れ、体長50センチ前後のサケが産卵のため泳ぐ姿を飽きずに眺めていた。大きく跳ね上がった勢いで護岸のコンクリートに体をたたき付けるサケもいて見物客を驚かせていた。

 毎年10月になると時々様子を見に自転車で訪れるという近くの男性(74)は「ここ数年は以前に比べて数が減り、体も少し小さくなった感じがするが、戻ってきたサケを見るのは楽しい」と話していた。

 サケの遡上は今月いっぱい見られるという。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年10月22日付
花巻
2020年10月22日付
花巻
2020年10月22日付
花巻
2020年10月22日付
花巻
2020年10月22日付