花巻

花巻東8強 一関学院は初戦敗退 秋季高校野球東北大会

【角館―花巻東】花巻東九回、1死満塁から左犠飛の間に三走平井が生還。サヨナラ勝ちし、喜びを爆発させるナイン=15日、仙台市民球場

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催)は15日、石巻、仙台の両市民球場で2回戦4試合が行われ、本県第3代表の花巻東が角館(秋田第1)を下して、2年ぶりの8強入りを果たした。

 第2代表の一関学院は東日大昌平(福島第1)に敗れ、初戦突破はならなかった。

 16日は休養日で試合はなく、17日は両球場で準々決勝4試合が行われる。花巻東は準決勝進出を懸け、八戸西(青森第2)と対戦する。

花巻東 サヨナラ

 【花巻東2―1角館】花東がサヨナラ勝ちで、準々決勝進出を決めた。一回に2死三塁から4番菱川の左中間適時二塁打で先制。同点の九回に四死球や単打で1死満塁とし、3番佐藤の左犠飛で決着を付けた。先発中居から主戦菱川への継投も決まった。

一関学院、継投実らず

 【東日大昌平9―6一関学院】学院が準々決勝進出を逃した。3投手をつぎ込む継投策も実らず、相手打線に14安打を浴びて9失点。打線は中盤から連打などで6点を挙げる粘りを見せたが、終盤で相手2番手を打ちあぐね、追い付くことはできなかった。


あすの試合

◇石巻市民球場

▽準々決勝

東北―日大山形(10時)
八戸西―花巻東(13時)

◇仙台市民球場

▽準々決勝

柴田―東日大昌平(10時)
羽黒―仙台育英(13時)

momottoメモ

【詳報】
花巻東 投手戦制し勢い加速
一関学院 中盤に猛追、底力見せる

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年10月28日付
花巻
2020年10月28日付
花巻
2020年10月28日付
花巻
2020年10月28日付
花巻
2020年10月28日付