一関・平泉

「冬の使者」水面優雅に 花泉の蒲沢堤 ハクチョウ飛来【一関】

一関市花泉町油島の蒲沢堤に飛来したハクチョウ

 秋が一段と深まる中、一関市花泉町油島の蒲沢堤で、ハクチョウが飛来した。「冬の使者」は長旅の疲れを癒やすかのように水面を優雅に泳いでる。

 蒲沢堤はハクチョウの飛来地として知られる。19日は40羽ほどのハクチョウが羽を休めたり、餌を食べたりし、周辺には「コーコー」と鳴く声が響いた。

 夫婦で観察に訪れた地元に住む70代男性は「自分が若い頃はハクチョウは11月下旬ごろに飛来していたと思う。年々、日本に帰ってくるのが早くなっているようだ」と話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付