花巻

温泉宿泊助成 来年1月末まで継続 花巻市内施設 利用促進へ

 花巻市は、市内の温泉宿泊施設を利用する県民、県内事業所の勤務者を対象に行う料金助成を11月1日から2021年1月末まで継続する。従来通りに宿泊利用者には1人4000円以上のプラン料金で最大2000円を助成する。予約が殺到する12月27日~1月3日は助成対象外。秋冬の観光需要に応えるため助成を継続して県民の日帰り・宿泊利用を促進する。

 同市が実施する温泉宿泊施設等利用促進事業は、10月から日帰り入浴が1食付き2000円以上のプラン料金で1000円、宿泊は4000円以上のプラン利用で2000円を助成している。11月から3カ月間は県民、県内事業所の勤務者を助成対象に、同額の助成を継続する。

 3000円助成の県の「岩手(じもと)に泊まるなら地元割クーポン」(使用期限は来年3月7日)の併用のほか、政府の観光需要喚起策「Go To キャンペーン」のトラベル(割引率最大35%)、地域共通クーポン(旅行代金の15%付与)の利用も全国的に好調なことから、11月以降も引き続き市内施設への利用促進を図る。

 今年度の市内宿泊施設利用実績(市による宿泊施設への聞き取り)によると、9月の宿泊者は計6万5444人で、うち県内者は4万2889人を数え、前年同月に比べ2・5倍に伸びている。10月(22日時点)は6万899人の宿泊者のうち、県内者が2万4933人で前年同月の1・6倍と好調だ。

 11月の宿泊予約状況は今月22日の報告時で、全体で4万4545人。うち県内者は1万5917人で前年同月の6割程度だが、15日の報告時より2200人ほど増えている。

 市では向こう3カ月間の事業費に1億4000万円を追加。6月から開始して以降の総額は約5億2000万円。

 市観光課の藤井淳課長は「温泉宿泊施設からの要望もあり、来年1月末まで継続することを早めに示した。秋から冬にかけての3カ月間、県民対象で継続するので花巻温泉郷などでゆっくり過ごしていただきたい」と利用を呼び掛けている。

 助成を受けるには、利用施設に市の助成事業を利用することを事前に申し入れて予約する。「Go To キャンペーン」や県クーポンの併用可否も確認する必要がある。問い合わせは市観光課=0198(41)3542=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月26日付
花巻
2020年11月26日付
花巻
2020年11月26日付
花巻
2020年11月26日付
花巻
2020年11月26日付