花巻

「プレーで恩返し」 川原田内野手(花巻リトルシニア出身)決意 プロ野球ドラフト4位指名

「支えてくれた人たちにプレーで恩返ししたい」とプロ入りの意気込みを語る川原田選手

 中学硬式野球の花巻リトルシニア出身で、プロ野球ソフトバンクにドラフト4位指名された川原田純平内野手(青森山田高3年)が31日、花巻市内で開催されている花巻リトルシニア杯学童軟式野球大会にあいさつに訪れた。古巣のチームスタッフらから祝福や激励を受け、「礼儀など野球以外にも大事なことを教わり、土台をつくってもらった場所。プレーで恩返ししたい」と決意を新たにした。

 川原田内野手は幼稚園の時から北上リトルで野球を始め、花巻小学校6年生時に花巻リトルシニアに加入。遊撃手として活躍し、花巻中学校2年生時は主将として全国選抜野球大会に出場するなどチームを牽引(けんいん)した。青森山田高では1年春からベンチ入りし、2年春から遊撃のレギュラーに定着。副主将を務め、強打と堅守で今夏の青森県大会優勝にも貢献した。170センチ、72キロ。右投げ右打ち。

 自らの持ち味には守備を挙げ、「ショートは野手の要なので責任を持ってプレーしてきた。特に一歩目の勝負。インパクトの瞬間の動きはずっと意識している」と語る。目標として見続けてきたのがソフトバンクの今宮健太内野手。同じチームになることについて「プロの中では小柄で共通点がある。まだまだ遠い存在だが、いずれは近づきたい。ソフトバンクは層が厚くて強いイメージ。体づくりから見直し、早く試合に絡めるようにアピールしていきたい」と意気込む。

 巨人にドラフト1位で入団した1学年上の堀田賢慎投手(花巻北中―青森山田高)とは花巻リトルシニア、高校と共にプレーし、昨年のドラフトも寮のテレビで一緒に見ていた。「小さい頃からプロになろうと思ってきたが、身近な存在が目の前でプロになり、改めて本気で目指そうと思った」。甲子園出場はならなかったが、高校3年間で「青森山田には『野球の前の野球』という言葉がある。寮生活も清掃も全てが野球につながる」ことを学んだといい、地元の後輩に対しては「自分は高校よりも中学の方が濃かった。野球がうまいだけでなく、練習に取り組む姿勢や人間性も大切」とメッセージを送る。

 「走攻守そろった選手」を理想像に掲げ、「まずは守備で貢献したい」ときっぱり。プロ入りはチームメートやスタッフ、家族、古里で支えてくれる人たちのおかげと感謝し、「きょうも『おめでとう』『頑張れ』と声を掛けてもらい、うれしかった。期待に応えたい」と表情を引き締めた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月30日付
花巻
2020年11月30日付
花巻
2020年11月30日付
花巻
2020年11月30日付
花巻
2020年11月29日付