県内外

新型コロナ/集会所でクラスター 新たに4人感染 計212人【岩手】

 県と盛岡市は3日、新たに50~90代の男女4人の新型コロナウイルス感染が確認され、新たに県内の集会所でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。いずれも重症ではない。県内の感染は、計212人となった。

 新たに感染が判明したのは、県内の70代女性、盛岡市の90代男性、北上市の50代女性、一関市の50代会社員男性。

 新たなクラスターでは、11月16日に県内の集会所で会合した滝沢市の60~80代の男女4人と、接触した花巻市の40代男性がこれまでに感染。関連で3日は、感染男性と接触した北上市の50代女性と、感染女性の別居家族で一関市の50代会社員男性の2人も判明した。同日までの感染確認は計7人。県が接触者の検査を進めている。

 このほか、盛岡市内の同じ医療機関に入院する県内の70代女性と、同市の90代男性が感染。いずれも基礎疾患があり、既に感染が確認された患者と同じ処置室を使用していた。市はこの医療機関で院内感染が発生したとの認識を示し、職員や他の患者らの検査を進めている。

 また、北日本銀行は同日、千厩支店に勤務する行員1人が感染したと発表した。他の行員や顧客に濃厚接触者はいないため、同支店は通常通り営業する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付