奥州・金ケ崎

死亡事故多発で警報発令 あすまで 奥州署

 輪禍死の連続を受け、奥州署(菊地一也署長)は7日、署下交通死亡事故多発警報を発令した。同警報の発令は今年2回目。9日までの3日間、交通安全関係機関・団体とも連携して取り締まりや広報などを強化し、事故防止を広く呼び掛ける。

 同署管内では11月27日、奥州市水沢黒石町地内での車同士の事故で女性が死亡。今月3日には同市水沢中上野町地内での自転車の単独の事故で高齢男性が死亡している。

 自転車での死亡事故は11月16日にも発生しており、同警報発令による特別活動では自転車も対象に含めて啓発・指導を強化。パトカーの赤色灯を点灯させて注意喚起する「レッドフラッシュ活動」、関係機関・団体の協力を得た立哨活動にも重点化して取り組む。

 今年の同署管内での交通事故死者は、7日現在7人(前年同期2人)。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年1月28日付
奥州・金ケ崎
2021年1月28日付
奥州・金ケ崎
2021年1月28日付
奥州・金ケ崎
2021年1月28日付
奥州・金ケ崎
2021年1月28日付