奥州・金ケ崎

夫婦の絆これからも 水沢金婚を祝う会に13組【奥州】

水沢金婚を祝う会で記念品を受け取った朝日田さん夫妻

 第15回奥州市水沢金婚を祝う会(市社会福祉協議会主催)は10日、同市南町の市総合福祉センターで開かれ、13組の夫婦の節目を祝った。

 今回は水沢地域に暮らす1970年4月1日~71年3月31日に結婚した夫婦が対象。水木流東京水木会師範の水木澄歌さんの祝舞で幕開け、同市社協の岩井憲男会長が「築き上げた絆を大切にしてこれからも健康でともに長生きしてほしい」とあいさつ。小沢昌記市長の代理で、千田嘉宏長寿社会課長が祝辞を述べた。

 その後、当祝者を代表して朝日田恭博さん(77)・ツギ子さん(77)夫妻に、駒形神社の山下明宮司から「夫婦おわん」など、岩井会長から同日開会前に撮影した記念写真の目録が手渡された。

 恭博さんは「こらえ忍んでくれた50年。苦労をかけたと思う。金婚は感無量の思いだ」、ツギ子さんは「一生懸命についてきた。これからも共に歩みたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年1月24日付
奥州・金ケ崎
2021年1月24日付
奥州・金ケ崎
2021年1月24日付
奥州・金ケ崎
2021年1月24日付
奥州・金ケ崎
2021年1月24日付