花巻

輝き、香り放つ装飾 東和でゲビンデ作品展 クラフト教室ブルーメン【花巻】

手の込んだ装飾品が並ぶ作品展「木の実とスパイスのクラフト」

 ドイツやオーストリアの伝統工芸「ゲビンデ」に取り組む盛岡市のクラフト教室「Blumen(ブルーメン)」(西崎陽子代表)による作品展「木の実とスパイスのクラフト」は、花巻市東和町の東和図書館内ギャラリースペース「けやきラウンジ」で開かれている。木の実や植物の種、造花など多彩な素材をスパイスと組み合わせて装飾したリースや鏡、クリスマスツリーなど手の込んだ約20点が並び、きらびやかな空間を演出している。26日まで。

 年1回作品展を開催しており、今回は受講者10人余りが出展。

 カボチャやヒマワリなどの種で形作った花と、松ぼっくりやドングリといった木の実、シナモンやクローブ、八角などのスパイスを一つ一つワイヤリングし、土台に挿し込んで完成させたリースは、細かな手仕事ぶりを感じられる。ビーズで飾り付けした作品もあり、華やかさを放つ。

 鑑賞した同町の小菅祐子さん(70)は「使っている材料が意外な物ばかりで驚いた。自分の想像するリースとははるかに違い、高級感にあふれている」と話していた。

 入場無料。午前10時30分~午後6時。

 問い合わせは同ラウンジ=0198(42)3205=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年1月25日付
花巻
2021年1月25日付
花巻
2021年1月25日付
花巻
2021年1月25日付
花巻
2021年1月24日付