県内外

新型コロナ/高齢者2人死亡 2日で11人感染 県内306人

 県と盛岡市は14日までに、新たに新型コロナウイルスで高齢者2人が死亡し、10~80代の男女計11人の感染が確認されたと発表した。いずれも重症ではない。県内の死者は計10人、感染は計306人となった。クラスター(感染者集団)が発生した雫石町の病院では、県の派遣要請を受けた厚生労働省のクラスター対策班が活動を開始。同日から約1週間、データ分析の支援などに取り組む。

 死亡した2人は、既に感染し入院していた基礎疾患のある高齢者。県は個人の特定につながるとして、居住地や年代、性別を明らかにしていない。

 県と盛岡市は13日に10~80代の男女7人、14日には10~70代の男女4人の感染を発表。また、入院中の患者1人が回復し、重症者が1人減の計3人となったことを明らかにした。

 同町の鶯宿温泉病院関連では、いずれも感染した職員の同居家族で盛岡市の10~50代の男女4人と、感染職員の友人で同市の30代会社員男性、感染職員と訪問医療で接触した同町の80代女性2人が感染。同病院起点の感染は計70人となった。同省クラスター対策班は14日、同病院での活動を開始。国立感染症研究所感染症疫学センターの砂川富正氏らが感染源やリスク因子の検討支援をはじめ、データ集計・分析の支援などに当たる。

 このほか、感染した花巻市職員の40代女性の同僚で同市の50代男性と、この男性の同居家族で40~70代の男女3人も感染した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月26日付
県内外
2021年1月26日付
県内外
2021年1月26日付
県内外
2021年1月26日付
県内外
2021年1月26日付