県内外

【新型コロナ】高齢者2人死亡 新たに9人感染 岩手県内計315人

 県と盛岡市は15日、新たに20~40代の男女計9人の新型コロナウイルス感染が確認され、基礎疾患のある入院中の高齢者2人が死亡したと発表した。県内の累計は315人で、死者は12人となった。

 クラスター(感染者集団)が発生した雫石町の鶯宿温泉病院関連では、20~40代男女8人の職員が感染し、累計は78人。

 県によると、内訳は看護師4人、看護補助2人、作業療法士などその他2人。いずれも、院内での感染が判明し実施した1度目のPCR検査は不検出となっていたが、2度目の検査で検出された。今後は、不検出だった入院患者約50人にも再度検査を実施する。

 同病院の医療体制維持のため、系列の病院や県立病院から、医師や看護師、介護職員など約30人が応援に入っている。

 このほか、県立中央病院に入院していた盛岡市の40代男性の感染も確認された。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付