一関・平泉

歳末点描2020 穏やかな新年願い 花と泉の公園 門松作り始まる【一関】

花と泉の公園で製作されているオリジナル門松。葉ボタンやビオラなどが寄せ植えされている

 一関市内で新年の準備が進められている中、同市花泉町老松の花と泉の公園で寄せ植え門松の製作が始まった。購入者が穏やかな新年を迎えられるよう、スタッフが一つ一つを丹精込めて手作りしている。

 同園の門松は、葉ボタンやビオラなど色とりどりの花を寄せ植えしたオリジナル。県内や宮城県北から約200鉢の注文が入っており、24日から発送を開始するという。

 16日には作業の無事を願い、作業場で神事が行われた。御嶽山御嶽神明社の佐藤一伯宮司(51)が祈祷(きとう)し、関係者らが玉串を捧げた。

 今年は新型コロナウイルスの早期収束を願い、購入者にお守りもプレゼント。同園を運営する花泉観光開発の阿部敏明代表取締役(71)は「コロナに負けない、明るい新年になってほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月17日付
一関・平泉
2021年1月17日付
一関・平泉
2021年1月17日付
一関・平泉
2021年1月17日付
一関・平泉
2021年1月17日付