奥州・金ケ崎

来年は明るい年に 駅前で電飾点灯【金ケ崎】

JR金ケ崎駅前を彩っている「かもん金ケ崎イルミネーション」

 金ケ崎町観光協会(高杉郁也会長)が主催する初めての事業・かもん金ケ崎イルミネーションは、同町のJR金ケ崎駅前で開かれている。新型コロナウイルスで暗くなった世相を、電飾で明るくしようとの試み。駅前イベント広場と駅前交流広場、駅舎をきらびやかな光が照らし出している。2021年2月28日まで。

 新型コロナで町内でも多くのイベントが中止されたことを受け、代替の催しにも位置付けて開催。地域と駅前の活性化を図る。電飾は発光ダイオード(LED)で、計約6000個を用意。街路樹に取り付けてクリスマスツリー風にした大型の物などがある。

 期間中の土曜日には、同協会会員ら町内を中心とした飲食のテークアウト、出張小売販売などの出店が集まる「かもん駅マーケット」も開いている。

 初日の18日は点灯式が行われ、同協会をはじめ来賓の町関係者らが出席して開始を祝った。高杉会長は「大変な状況だが、少しでも明るい気持ちになってほしい。(イルミネーションで)ロマンチックな夜を過ごし、目と心を癒やした後はマーケットでおなかも満たして」と呼び掛けた。金ケ崎スポーツクラブチアダンサーズの演技が行われ、金曜日ながら同マーケットも先行して開催した。

 点灯時間は午後4時30分~午後9時。同マーケットは土曜日に点灯とともに始まるが、来月2日は休止する。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年1月16日付
奥州・金ケ崎
2021年1月16日付
奥州・金ケ崎
2021年1月16日付
奥州・金ケ崎
2021年1月16日付
奥州・金ケ崎
2021年1月16日付