北上・西和賀

大舞台目標は4強以上 市長へ意気込み 専大北上高女子サッカー部

全国大会に向け決意を示した専大北上女子サッカー部の泉主将(中央)ら

 第29回全日本高校女子サッカー選手権大会(2021年1月3~10日、兵庫県)に、東北第2代表として出場する専大北上の関係者が21日、北上市役所に髙橋敏彦市長らを表敬訪問した。5大会連続5度目となる大舞台に向け、「全国ベスト4以上を目指す」と力強く意気込みを示した。

 女子サッカー部は、10月17日~11月1日に宮城県で開催された東北地域大会で準優勝。準決勝では常盤木学園をPK戦の末に下し、悲願の“宮城越え”を果たして全国切符を獲得した。

 市役所には泉穂奈美主将(3年)と佐藤徳信監督、佐々木幸一部長、阿部伸校長が訪問。泉主将は「(相手は)強豪で厳しい戦いになると思うが、自分たちらしいしっかりとボールをつなぐサッカーで一つ一つ勝ちたい」と決意を語った。

 佐藤監督は「ボールを持ち、つなぐスタイル。その技術レベルも上がってきている」ときっぱり。髙橋市長は「面白い試合が見られそうで、大変期待を持てると感じている。東北の粘りを見せて頑張ってほしいし、プレーを楽しんできてもらいたい」と激励した。

 専大北上は大会初日の来年1月3日、1回戦で関西第2代表の日ノ本学園(兵庫)と対戦する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年1月16日付
北上・西和賀
2021年1月16日付
北上・西和賀
2021年1月16日付
北上・西和賀
2021年1月16日付
北上・西和賀
2021年1月16日付