一関・平泉

長引く大雪影響 中尊寺、毛越寺【平泉】

落雪による事故の危険性が高いことから、23日まで通行止めの措置が取られる中尊寺の月見坂
23日まで拝観休止

 平泉町の中尊寺(奥山元照貫首)は、大雪のため境内で倒木や落雪が多く発生する状況が続いていることから、当初19日から21日までとしていた拝観休止措置を23日まで延長する。

 境内にある金色堂および宝物館「讃衡蔵(さんこうぞう)」の拝観を休止しているほか、落雪による事故の危険性が高い月見坂の入り口から本堂前を通り、薬師堂まで通じる参道を引き続き通行止めとしている。月見坂の入り口には拝観停止の表示と立ち入り禁止を示す黄色いテープが張られ、21日には小雪が舞う中、時折拝観停止を知らずに訪れた参拝客が引き返す姿が見られた。

 同町では毛越寺(藤里明久貫主)でも23日まで境内の拝観を停止。町では両寺境内に隣接する町営駐車場について、同様に同日まで営業を休止している。

momottoメモ

「初詣に向けた準備もまだ終わっていない状況だが、大みそかまでには参拝客の安全が確保できるように間に合わせたい」

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月24日付
一関・平泉
2021年1月24日付
一関・平泉
2021年1月24日付
一関・平泉
2021年1月24日付
一関・平泉
2021年1月24日付