北上・西和賀

米作り2度目の金賞 八重樫さん(飯豊)「家族に感謝」 食味分析鑑定コン国際大会【北上】

米・食味分析鑑定コンクール国際大会で4年ぶりに金賞を受賞した八重樫さん(左)

 第22回米・食味分析鑑定コンクール国際大会(米・食味鑑定士協会主催)の都道府県代表お米選手権部門で、北上市飯豊の兼業農家でNPO法人東北どまんなか理事長の八重樫哲哉さん(61)が出品したミルキークイーンが最高賞の金賞を受賞した。県内唯一で、2016年に続く2度目の金賞受賞。国内外から最高峰のコメが集まる中、改めて全国トップクラスの高い評価を受けた。

 同大会は11月28日、静岡県小山町で開かれ、国内外から全部門合わせて4755点が集まった。八重樫さんのミルキークイーンは食味値87点、味度値89点のトータル176点で、お米選手権上位40点にノミネート。30人の食味鑑定士による食味審査でも粒の大きさなどが高い評価を受け、最高賞である金賞15点の一つに選ばれた。

 八重樫さんは住宅設備機器卸会社を経営しながら、有機肥料と減農薬、丈夫な苗作りにこだわり飯豊地内で3ヘクタールを作付け。今年は低温傾向から一気に猛暑となり、通常の朝夕に加え、仕事の合間を縫い昼も稲の状態を小まめに観察するなど、水田の温度管理には特に気を使ったという。

 初出品した16年では、同部門でひとめぼれが金賞。今回、4年ぶりの栄誉を手にし「本当にうれしい。なかなか取れる賞ではないだけに、2回受賞できたことに価値がある。手伝ってくれた家族にも感謝したい」と素直に喜びを語る。

 17~19年もトータル170点以上に与えられるプレミアムライセンスクラブ「ベストファーマー」に認定。今年はミルキークイーンに加え、ひとめぼれもクリアし5年連続の認定となる。このほかにも近年、全国レベルの賞を数々受賞している。

 23日、八重樫さんは市役所を訪れ髙橋敏彦市長に受賞を報告。髙橋市長は「毎年入賞され、本当にお見事。『北上のコメはおいしい』と評価が高まり、他の農家も刺激を受けるのでは。今後もさらにおいしいコメを作ってほしい」と期待した。

 八重樫さんは「毎年変化に対応し、天候に左右されない米作りに挑戦していきたい」と今後の高品質米生産へ決意を強調。「北上産米を多くの方々に食べていただきたい」と、地元産米のPRにも意欲を示した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年1月19日付
北上・西和賀
2021年1月19日付
北上・西和賀
2021年1月19日付
北上・西和賀
2021年1月19日付
北上・西和賀
2021年1月18日付