一関・平泉

申請4カ月で29件 利用呼び掛け 平泉町 学生応援地域産品給付

申請のあった学生に発送している地域産品の一例。長期保存できる品物を中心に季節ごとに内容を一部変更している

 平泉町が新型コロナウイルス感染拡大の影響で困難な状況にある同町出身学生を支援しようと実施している「学生応援地域産品給付事業」には、2020年9月の申請受け付け開始から4カ月で29件の申し込みがあった。町では同事業の対象となる学生を130人と見込んで予算を確保しており、2月末の申請期限まで利用を呼び掛けている。

 同事業は、アルバイト収入や保護者からの仕送り減少などで生活費が不足する学生を食料面から支援するもので、本県を除く国内に住み大学(短期大学含む)、高等専門学校(4、5年および専攻科)、専修学校(高等課程を除く)、予備校に在学中の学生が対象。保護者が同町在住で学生自身が給与の支給対象でないことを条件に、1人1回に限り給付している。

 コメ、めん類、レトルト食品、ジュースなどの食品の詰め合わせ8000円相当を無料で給付しており、昨年9月24日に第1便として首都圏や東北各県在住の学生10人へ発送。その後も申請があり次第順次発送を続けているが、同12月末時点での発送件数は29件と想定数量の約4分の1にとどまっており、担当する農林振興課では「帰省できなかった学生にぜひ利用してほしい」としている。

 申請できるのは対象となる学生本人で、申請期限は2月28日(原則郵送、当日消印有効)。

 問い合わせは同課=0191(46)5564=まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付