県内外

新型コロナ/一関スナック関連1人 3日間で9人感染

 県と盛岡市は、2020年12月31日から今月2日までの3日間で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)関係を含む計9人の感染確認について発表した。いずれも重症ではないという。県内の患者累計は、391人となった。

 31日に感染が発表されたのは、県外在住で盛岡市に滞在中の20代男性、同市の20代医療従事者男性、県外の感染拡大地域に出掛けた釜石市の20代会社員男性の計3人。このうち医療従事者は、クラスターが発生した雫石町の鶯宿温泉病院の応援職員。同病院関連の累計は110人。

 1日に発表されたのは、盛岡市の50代会社員男性、一関市の50代団体職員女性、釜石市の20代会社員男性と30代会社員男性の計4人。いずれも既に感染が判明している患者の接触者だった。このうち一関市の女性は、県外で会食した後に感染が確認された会社員男性の同居家族。

 2日に発表されたのは、県外の感染拡大地域で長期間仕事をしていた県央保健所管内の60代会社員男性と、一関市の30代飲食店員女性の計2人。女性は、クラスターが発生した同市大町のスナック「ステラ」の利用客で、同店関連の累計は18人。

 県によると、これまでに入院中の患者1人が重症化し重症者は計4人となった。

 県は死亡した患者計24人の年代・性別の内訳を発表。60歳未満1人(女性1人)、60代1人(男性1人)、70代7人(男性5人、女性2人)、80代10人(男性4人、女性6人)、90歳以上5人(男性3人、女性2人)で、いずれも悪性腫瘍(がん)や腎疾患などの基礎疾患があった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付
県内外
2021年1月23日付