北上・西和賀

納豆汁で体ぽかぽか 湯夢プラザ、道の駅錦秋湖 テークアウト開始【西和賀】

西和賀の冬の伝統料理を知ってもらおうと、テークアウトを始めた「納豆汁」をPRする千田店長

 西和賀産業公社は、西和賀町川尻の湯夢プラザと、同町杉名畑の道の駅錦秋湖で、「納豆汁」のテークアウトを始めた。西和賀地方に伝わる冬の伝統料理を気軽に味わうことができ、寒さが厳しいこの時期に体を温めてくれそうだ。

 納豆汁は、具だくさんのみそ汁にすりつぶした納豆を入れて食べる西和賀地方に伝わる冬の伝統料理。現在は町内の飲食店や温泉旅館などでも味わうことができるほか、家庭でも手軽に本格的な納豆汁が楽しめるよう、納豆に西和賀産の大豆を使った手製のみそが練り込んである「納豆汁の素」も冬季限定で販売されている。

 同公社では出来たてを味わい、消費者に商品を知ってもらおうと、例年であれば店頭で試食販売を行ってきたが、今シーズンは新型コロナウイルス感染予防のため自粛。気軽に味わえる方法として「納豆汁」をテークアウトメニューに追加した。

 提供しているのは、豆腐と油揚げ、ニンジン、ネギに、西わらびやサワモダシ(ナラタケ)などを入れた西和賀流の具たくさん納豆汁。1杯350円(税込み)でホット専用の容器で持ち帰ることができ、同公社湯夢プラザの千田賢司店長は「身も心も温まる西和賀だけの味。ぜひ立ち寄っていただき、気軽に味わってほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年5月7日付
北上・西和賀
2021年5月7日付
北上・西和賀
2021年5月7日付
北上・西和賀
2021年5月5日付