一関・平泉

コロナ禍 大人の一歩 新しい形で新成人祝福【一関】

母校の前で記念撮影をする新成人たち=10日、一関市立千厩中学校前

 11日は「成人の日」。本来であれば、この日に合わせて多くの自治体で成人式が行われるはずだった。今年は新型コロナウイルスが感染拡大している現状を考慮し、集合形式による式典の実施が見送られたものの、新成人たちは振り袖姿で記念写真を撮影したり、少人数で集まったりするなどして思い思いに人生の節目をかみしめる。ヘアメーク、着付けを行う美容院のほか、フォトサービスを提供するホテルも若者たちの“晴れの日”を全力でサポートし、大人の仲間入りを祝福している。

【社会面に関連】

 全国的に感染者が増加している新型コロナはいまだ収束が見えず、昨年から今年にかけて人が集まる行事のほとんどが延期や中止された。一関地方の2020年度新成人は約1300人が見込まれていたが、平泉町は20年8月に予定していた成人式を21年度に延期。一関市は1月10日に予定していた成人式を1年後の22年1月に延期して実施する予定に変更した。

 新型コロナの影響で自粛ムードが漂うとはいえ、市内では10日、予約していた美容院でヘアメークを済ませ、憧れの振り袖を着て喜ぶ新成人や、りりしいわが子に目を細める両親の姿が見られた。成人式はなくとも、スーツや振り袖をまとって少人数で母校に集合し、記念撮影するグループもあった。

 一関信用金庫に勤務する同市千厩町千厩の鈴木沙奈さん(19)は母校の千厩中学校前で記念撮影を行い、集まった友人と喜びを分かち合った。中学時代を懐かしみながら「3年生の時の担任の先生は何でも相談に応じてくれる人だった。自分も先生のように誰かの助けになる大人になりたい」と気持ちを新たにした。

 市内のホテルでは、撮影した写真データを無料でプレゼントするフォトサービスを提供。市内の著名人によるお祝いメッセージを収録した動画も放映され、コロナ禍で迎えた若者たちへの祝福ムードが広がった。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付