北上・西和賀

冬空からの「ご褒美」 光柱現象か 昆さん撮影【北上】

朝方の北上市内に姿を見せたカラフルな光景(昆さん提供)

 北上市内で空に向かってライトを照射したような光景が確認された。「光柱(こうちゅう)」とみられる神秘的な現象で、地元の昆慶太郎さん(43)が勤務先の駐車場から撮影に成功。「連日早朝の雪かきが苦痛だったが、きれいな光がご褒美になった」と思いがけない出来事を喜んでいる。

 光柱は気温が低い日、遠くにある地上の街灯などが上空の氷の結晶に反射すると、柱状の光芒(こうぼう)が見られる大気光学現象で、9日明け方に確認。この日の午前6時ごろは氷点下10度以下の極寒で、昆さんが会社敷地内の除雪をしようとした際に北東方面の空に何本か連なる光線を見つけ、スマートフォンで撮影した。

 「とても冷え込んだ朝。カラフルだったので最初はオーロラなのかと思った」と昆さん。朝方の空を彩る光景はしばらく続き、ラッキーな出合いが良い一日のスタートになったという。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年6月15日付
北上・西和賀
2021年6月15日付
北上・西和賀
2021年6月15日付
北上・西和賀
2021年6月15日付