県内外

ご当地グルメ 密避けて自宅で楽しんで 盛岡冷麺

県内初の冷麺の自動販売機。人気につき売り切れになることも。「補充は昼前後に行うため、確実とは言えませんが昼過ぎまたは午後に訪れるのがおすすめです」と盛岡冷麺専務取締役の瀧美範さん
ピンチをチャンスに―。
新しい生活様式が求められる中、ちょっと変わった自動販売機が登場しました。

 盛岡市みたけの製麺会社駐車場に昨年11月、冷麺の自動販売機が登場した。袋入りの冷麺はピリ辛のスープ付きで、太麺と細麺の各1食入りと、2食入りの3種類。本格的なおいしさはもちろん、自動販売機で買える珍しさと、1食150円前後というお手頃感もあって人気を集めている。

 設置したのは業務用の冷麺を販売する「盛岡冷麺」。主に県外の焼き肉店に販売しているが、昨年はコロナの影響で1カ月の売り上げがほぼ半分に落ち込んだ。そんな中、同社専務の瀧美範さんがたまたまテレビでユニークな自動販売機の特集を見て「冷麺でもやれるのでは」と思い立った。

 売り上げは季節外れにもかかわらず「半月で100食」と予想以上。近所の住民や口コミで知った人たちが買いに訪れ、動画投稿サイトにも取り上げられた。「コロナ禍でなんとなく暗い世の中、少しでも楽しんでもらえたら。密を避けて購入できるので気軽に立ち寄って」と瀧さん。今後は売れ行きを見ながら設置台数を増やすことも検討している。

〔問〕盛岡冷麺
盛岡市みたけ1丁目5-54
019・643・6511

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付