一関・平泉

伊藤清彦さんを追悼 東山図書館 お薦めの本など紹介【一関】

一関市の東山図書館で開かれている企画展「キヨベス 伊藤清彦氏を悼んで」

 一関市東山町の東山図書館(鈴木康之館長)で、企画展「キヨベス 伊藤清彦氏を悼んで」が開かれている。「カリスマ店長」と称され、書店勤務を経て一関図書館副館長を務め2020年2月急逝した伊藤清彦さん(東山町出身)への追悼の思いを込めた企画で、生前伊藤さんが企画展を行う際などに選んだ資料を集めた。2月21日まで。

 伊藤さんは盛岡市のさわや書店本店の店長を務め退職後は新一関図書館整備計画委員を経て、大東図書館長、一関図書館副館長を務めた。一関図書館では新図書館の準備に携わり、多くの人に利用される施設づくりに尽力。新図書館開館翌年の15年度から18年度まで4年連続で個人貸出点数の県内公立図書館トップ記録に貢献。65歳で急逝した後、「公共図書館事業に尽力し、功績顕著な者」として推薦され、全国公共図書館協議会表彰を受賞した。

 「キヨベス」は「清彦ベスト」を略した言葉で、伊藤さんが一関図書館時代に行った企画展や図書館福袋のために選んだ資料約230冊を展示した。書棚に並んでいるのは高橋克彦さんの「火怨」、沢木耕太郎さんの「一瞬の夏」、玉岡かおるさんの「お家さん」などの小説のほか、ウルグアイのムヒカ元大統領のスピーチをテーマにした絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」などもあり、来館者の興味を引いている。2月初めからは遺族の協力を得て伊藤さんが生前使っていた一関市立図書館の読書通帳や読書記録などの展示も予定している。

 今野晴菜主任司書は「伊藤さんの1周忌に合わせて企画した。東山出身で東山在住だった伊藤さんが薦めていた本を手に取ってもらい、多くの人に読んでもらえれば」と話している。

 開館時間は平日午前10時~午後7時(土日・祝日は6時まで)。水曜日休館。問い合わせは=0191(47)2324=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年2月27日付
一関・平泉
2021年2月27日付
一関・平泉
2021年2月27日付
一関・平泉
2021年2月27日付
一関・平泉
2021年2月27日付