花巻

学習道具支援の輪広がる フェイスブックで投稿 円徳寺に全国から寄付【花巻】

全国から円徳寺に寄せられた学習道具
子育て家庭などへ配布

 花巻市轟木の円徳寺(石田悠晃住職)に、全国から学習道具の寄付が続々と集まっている。新型コロナウイルスの影響を受けた子育て家庭や生活に困っている世帯の助けになろうと同寺のフェイスブックに投稿したところ、全国から段ボール8箱分にもなる文房具や楽器、書道・絵の具セットなどが届いた。必要とする子供の元に配る予定だ。

 きっかけは、石田住職(43)の妻英里さん(44)が、ひとり親家庭に学用品や食料を無償で提供している同市桜町の学生服リユースショップ「さくらや花巻店」の取り組みを口コミで知ったこと。「進級・進学に合わせて購入しなければならない学用品は多く、生活を圧迫する。ひとり親だけでなく、支援からこぼれる人を救いたい」。

 英里さんが代表理事を務め、子育て講座やリラクゼーションヨガを行う一般社団法人「国際NLリラクゼーション協会」と同寺の共催という形で、1月にフェイスブック上で「経済的理由で学習道具をそろえられない子たちがいます。おうちに眠っている、未就学児から高校生ぐらいまでの子が使えるものがあれば、ぜひ寄付をお願いします」と、具体的に必要な物も記して呼び掛けた。

 すると、お寺つながりの人や友人らが投稿を拡散。今月8日現在70件以上シェアされ、閲覧数は7000人以上にも上る。毎日のように大阪府、東京都、福島県、富山県など全国各地から、新品のノートや鉛筆、ペン、消しゴム、習字・絵の具セットのほか、中古の鍵盤ハーモニカなども多数寄せられている。

 「自分の飲み代を1回分抑えれば寄付に回せる」と話す人もいるといい、石田住職と英里さんは「何か力になりたいと思っている人がたくさんいるんだなと、温かさを感じた」と感謝する。既に個別に受け取りに来た人もいるが、集まった品は、地域の保育園や幼稚園、小中学校に働き掛け、困っている子供に行き渡るようにする。2人は「困っている方は、気軽に連絡ください」と話している。

 寄付は、今後も期限を決めずに受け付ける計画。配布を希望する場合は英里さん=090(6667)0002=または同寺=0198(29)2347=へ連絡する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年3月3日付
花巻
2021年3月3日付
花巻
2021年3月3日付
花巻
2021年3月3日付
花巻
2021年3月3日付