北上・西和賀

立体駐車場オープン 北上駅東口再整備第1弾 関係者がテープカット

JR北上駅東口の立体駐車場完成を祝い、テープカットする西尾社長(左から3人目)ら関係者

 北上駅東口都市開発(北上市相去町、西尾髙登代表取締役社長)が、市との公民連携方式で同市川岸1丁目地内に建設した立体駐車場「さくらPORT・パーキング」が10日、開場した。同日は神事とオープニングセレモニーが行われ、北上駅東口再整備の一大事業第1弾となる立体駐車場の完成を祝った。同社は今春以降、周辺に賃貸マンション、ホテル、賃貸オフィスの3施設を順次整備し、2022年夏の事業全体完了を目指す。

 神事には北上駅東口都市開発や施工業者、市、関係機関の30人余りが出席。西尾社長、髙橋敏彦市長らが玉串をささげた。

 続くセレモニーで西尾社長は「多くの方々の支援と協力で無事、竣工(しゅんこう)を迎えることができた。今まで以上に地元の皆さんの利便性を支え、来訪者にも愛される施設としたい」とあいさつ。「残る3施設も今春から工事のスタートラインに立つ。全体完成後は発展著しい北上市の新たな都市エリアとして、多様なまちづくりへ貢献できるようさらに努力を傾けていく」と決意を示した。

 髙橋市長も「昨年末には(北上に立地する半導体大手)キオクシアが2棟目着手の準備を発表しただけに、さらに皆さんで力を合わせ事業を前に進めてほしい」と期待。西尾社長、髙橋市長、北上商工会議所の佐藤正昭会頭、宮城建設の竹田和正社長らがテープカットした。

 立体駐車場は鉄骨造り5層6段、自走式。高さ19・9メートル。これまでの市営北上駅東口駐車場(374台)を上回る453台収容できる。料金は90分100円、以後60分につき100円。最大料金は入庫後12時間500円、24時間800円。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年3月4日付
北上・西和賀
2021年3月4日付
北上・西和賀
2021年3月4日付
北上・西和賀
2021年3月4日付
北上・西和賀
2021年3月3日付