花巻

温泉宿泊施設 来月末まで助成延長 20日から4000円に拡充 花巻市

 花巻市は、市内の温泉宿泊施設を利用する県民、県内事業所の勤務者を対象に行う料金助成を3月末まで延長する。現行の1人につき最大2000円の助成額を、20日からは最大4000円に拡充して市内宿泊施設の利用増を図る。

 同市が実施する温泉宿泊施設等利用促進事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける温泉宿泊旅館・ホテルを支援する目的。20日から3月末までは、日帰り入浴が従来通りに2000円以上のプラン料金で1000円助成となるが、宿泊は4000~6000円未満が2000円、6000~8000円未満が3000円、8000円以上で4000円を助成する。対象者は引き続き県民および県内事業所の勤務者で、1団体当たりの利用者は8人が目安。

 市観光課によると、市内全域の宿泊施設利用者は2020年12月が4万7105人、前年同月対比73・5%。新型コロナ感染拡大で政府の観光需要喚起策「Go To キャンペーン」の中断、3月7日までとする首都圏などでの緊急事態宣言が影響している。

 市内宿泊施設は例年の1、2月であれば、新年会や厄年の年祝い、同窓会など団体予約で埋まるが、今年は見込めない状況。市では市内宿泊施設を支援するため、助成額を拡充して利用促進を図る。

 県の「岩手(じもと)に泊まるなら地元割クーポン」との併用で最大7000円の助成が得られる。同クーポンの使用期限が来月7日と迫るため、市では今月20日からの助成拡充とした。市観光課の藤井淳課長は「宿泊施設の予約状況を受け、支援のため助成を3月末まで延長する。1人最大4000円に拡充するので引き続き利用してほしい」と呼び掛けている。

 宿泊客対象に同市の物産品などが抽選で当たるキャンペーンも28日まで実施している。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年3月7日付
花巻
2021年3月7日付
花巻
2021年3月7日付
花巻
2021年3月6日付
花巻
2021年3月6日付