花巻

華やぐひな 春運ぶ ココ・イルバ 鈴木さんが手芸展【花巻】

会場を鮮やかに彩る鈴木さんお手製のつるし飾り

 趣味で手芸に取り組んでいる花巻市中根子の鈴木レヱ子さん(80)の「鈴木さんのひな祭り手芸展」は、同市若葉町の喫茶店「ココ・タベルバ・ラパン」内にある活動創造空間「ココ・イルバ」で開かれている。着物や帯、ちりめんを使って手縫いした色とりどりの飾りがつるされ、会場を鮮やかに彩っている。3月3日まで。

 もともと手芸が好きだった鈴木さんは、同市石鳥谷町の「八日市つるし雛(びな)まつり」を鑑賞して「華やかでかわいい。見ていて優しい気持ちになる」と感じ、約7年前から自分でも作り始めた。展示は3回目。

 メインは、長寿の願いが込められたツルのつるし飾り。一つ一つの羽や胴など各パーツを丁寧に縫い合わせ、綿を詰めるなどして仕上げる。八丈島(東京都)の絹織物「黄八丈」で制作したものもあり、黄色地に格子柄の美しい色彩のツルが揺らめく。

 ほかにも、花や巾着、ニンジン、金魚など全て手作りの飾りをつるしている。会場の一角に販売コーナーも設け、手のひらサイズのおひなさまなどが並ぶ。

 「懐かしさや少し早い春を感じてもらえたら」と鈴木さん。主催する同市の一般社団法人「ココ・アルバ」の照井智子理事は「新型コロナウイルス対策を行いながら開催しているので、温かみある作品をぜひ見に来てほしい」と話している。

 展示時間は午前11時~午後3時。日曜、祝日は休み。問い合わせは同店=0198(33)0910=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年12月1日付
花巻
2021年12月1日付
花巻
2021年12月1日付
花巻
2021年12月1日付