一関・平泉

“神のみぞ知る”味わい 一関産もち米使い醸造 リカーショップコンノ 限定生酒、25日発売

リカーショップコンノで限定販売される一関産のもち米を使用した生酒「神のみぞ知る」

 一関市旭町のリカーショップコンノは、地元産のもち米を使用した生酒「神のみぞ知る」を25日から限定販売する。同市花泉町の磐乃井酒造、同市厳美町の一関もちの里生産組合の協力を得て醸造。新型コロナウイルスの終息と安寧を願い、瓶には市内の神社で祈祷(きとう)を受けた紙垂(しで)と麻ひもをあしらっており、今野公英店主(53)は「“飲むお守り”としても利用してほしい」とアピールする。

 同店では一関産のもち米を餅だけでなく酒でも楽しんでもらおうと、2020年にももち米を使用した純米酒「結(ゆい)」を販売している。限定販売ながら、大きな反響を呼んだ。

 昨年の酒造りで「もち米で製造した酒は味の変化が大きいことが分かった」という今野店主。「神のみぞ知る」について「少し時間を置くだけでも味が変わってくる。熟成具合によって味わいの変化を楽しむ酒で、味は神のみぞ知るという意味で命名した。味に先入観を持たないよう、あえてラベルには酒のスペックなどは記載しなかった」と語る。

 瓶に飾る紙垂は全て同店で折り、麻ひもと共に1月に同市花泉町老松の御嶽山御嶽神明社で祈祷を受けた。コロナ禍で飲酒機会が減る中、今野店主は「コロナで成人式などの行事がなくなっているので、節目の日や祝い事の時に家族や友人たちと味わってくれたら」と願っている。

 度数は15度。一関もちの里生産組合が生産した「こがねもち」を100%使用。1本720ミリリットルで、価格は2420円(税込み)。700本限定で、同店で予約を受け付けている。

 問い合わせは同店=0191(23)3633=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年3月3日付
一関・平泉
2021年3月3日付
一関・平泉
2021年3月3日付
一関・平泉
2021年3月3日付
一関・平泉
2021年3月3日付