県内外

小林陵 日本男子最多 通算18勝目 W杯ジャンプ

W杯ジャンプ男子で通算18勝目を挙げた小林陵侑=19日、ルーマニア・ルシュノフ(EPA時事)

 【ロンドン時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ルーマニアのルシュノフで個人第22戦(HS97メートル、K点90メートル)が行われ、小林陵侑(盛岡中央高出―土屋ホーム)が合計257・9点で今季2勝目を挙げ、葛西紀明(同)を抜いて日本男子単独最多となる通算18勝目を挙げた。【4面に関連】

 小林陵は1回目で7位につけ、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛んで逆転した。全員が2回目を終えて速報記録でトップだったハルボルエグネル・グラネル(ノルウェー)は、スーツの規定違反が発覚し、2回目は記録なしとなった。

 中村直幹(東海大札幌ク)は26位。1回目で佐藤幸椰は33位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は36位で、ともに2回目に進めなかった。

 小林 陵侑(こばやし・りょうゆう)小学1年生でジャンプを始め、2016年世界ジュニア選手権で銅メダル。18年11月にW杯初優勝を遂げると、このシーズンはジャンプ週間を4戦全勝で制すなど13勝し、日本男子初のW杯総合王者に輝く。18年平昌五輪は個人ノーマルヒル7位、ラージヒル10位。19年世界選手権で団体銅メダル。兄の潤志郎、姉の諭果、弟の龍尚もジャンプ選手。173センチ、60キロ。24歳。八幡平市出身。

momottoメモ

【関連記事】小林陵レジェンド超え 3シーズンで一気に
ラッキー、びっくり 一問一答
葛西「悔しいが、うれしい」

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付
県内外
2021年3月6日付