北上・西和賀

早春に輝く黄色い花弁 マンサク 詩歌の森公園【北上】

詩歌の森公園のマンサクが花を咲かせ春の訪れを告げている

 5日の県内は気温が上昇し、最高気温は各地で4月上旬から5月下旬並みを記録する暖かい一日となった。北上市本石町の詩歌の森公園では、マンサクが黄色いひも状の花を咲かせ、春の訪れを感じさせている。

 盛岡地方気象台によると、県内は気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや晴れとなり、各地で気温が上がった。最高気温は花巻で13・8度、北上で13・6度でともに今年最高となった。

 陽気に誘われるように、同公園には親子連れや夫婦らが散策に訪れる姿があった。ウオーキングが日課という男性(68)は「ここのマンサクは2月末ぐらいから黄色い花が目立つようになってきた。厳しかった寒さもようやく終わるかな」と胸を躍らせていた。

 同気象台によると、6日の県内は寒冷前線が東北地方を通過するため、曇りや晴れの予報。内陸では明け方から朝まで雨や雪が降る所がある見込み。山沿いなどでは雪崩に注意するよう呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年4月20日付
北上・西和賀
2021年4月20日付
北上・西和賀
2021年4月20日付
北上・西和賀
2021年4月20日付