県内外

コミックいわて 第10巻 19日発売 記念サイン色紙も 

県が19日に発売する「コミックいわて+(テン)」の表紙

 県は、本県を題材にした漫画「コミックいわて」シリーズの第10巻となる「コミックいわて+(テン)」を19日に発売する。

 本県ゆかりの漫画家が描いた12作品に加え、発売から10周年を迎えたことを記念し、漫画家から寄せられたサイン色紙も収録している。

 作品は池野恋さんの「森のおくりもの」、吉田戦車さんの「馬帰る」、上条明峰さん「義経と弁慶」、そのだつくしさんの「銀河鉄道の宇宙」、飛鳥あるとさんの「つなぐ」など。宮沢賢治作品や鬼剣舞、座敷童子(わらし)、東日本大震災、平泉、新型コロナウイルスなどをテーマにしている。

 責任編集の達増拓也知事は「東日本大震災や新型コロナウイルスなど、県民が直面しているテーマについて、いろいろな切り口から漫画にしてもらっているほか、岩手の良さを非常に深く掘り下げている」とPRしている。

 単行本の価格は800円(税込み)。販売予定部数3500部で、県内の書店やインターネットでも販売する。 

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年4月17日付
県内外
2021年4月17日付
県内外
2021年4月17日付
県内外
2021年4月17日付