一関・平泉

甘くておいしい! 川崎・千葉農園 イチゴ狩り営業開始【一関】

一関市川崎町の千葉農園のハウスに家族でイチゴ狩りに訪れ、真っ赤に実ったイチゴを口に含む子供たち

 一関市川崎町薄衣字下巻にある千葉農園(千葉昭弘代表)で20日、イチゴ狩りの営業が始まった。イチゴのハウスにはオープン初日から行楽客が訪れ、真っ赤に実ったイチゴをおいしそうに味わった。5月中旬まで営業する。

 同園は2018年で営業を終えた同町門崎の観光イチゴ園「もぐもぐの里」に代わり、19年3月にイチゴ狩りを開始。口コミなどで評判が広がり県内外から行楽客が訪れている。

 今季はハウス9棟(約22アール)で甘さや酸味が魅力の「さちのか」「やよいひめ」を栽培。イチゴ狩りは予約制で「60分食べ放題」とし、新型コロナウイルス感染予防として利用客の密を避けるため午前10時と午後0時、午後2時に受け入れ。手指消毒などの対策も取っている。

 「春分の日」の20日は市内外から予約していた家族や団体が訪れ、春の日差しが差し込むハウスの中で思い思いにイチゴ狩りを楽しんでいた。両親、きょうだいと家族5人で足を運んだ平泉町の津嶋環奈さん(平泉小学校2年)は摘み取ったイチゴを口に含んで「甘くておいしい」と笑顔。「ずっと前から来たかった。イチゴ狩りは楽しい」と春休みの一日を満喫していた。

 千葉代表は「今年は面積を増やした。イチゴは十分甘みも出ており、寒さの影響でやや遅れ気味だが、量もこれから増えてくる。さちのかとやよいひめの味の違いを楽しんでほしい」とPRし、「土日は予約で結構埋まっているが、平日は空きがあれば入ってもらえると思う」と予約した上での来園を呼び掛けている。

 イチゴ狩りの料金(消費税込み)は大人1500円、小学生1300円、幼児(3歳~未就学児)800円。2歳以下無料。不定休。営業時間は午前10時~午後3時(最終入場午後2時)。予約、問い合わせは同園=090(6854)4569=まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年4月20日付
一関・平泉
2021年4月20日付
一関・平泉
2021年4月20日付
一関・平泉
2021年4月20日付