北上・西和賀

光の回廊 四季を投影 ツインモールプラザりぼん橋 保健・子育て支援施設開設で【北上】

りぼん橋で始まった「光の回廊」。桜の模様などが投影され、幻想的な空間を演出している

 北上市新穀町のツインモールプラザ西館に市保健・子育て支援複合施設「hoKko(ほっこ)」が4月にオープンするのに伴い、同プラザを管理運営する北上都心開発(八重樫守民社長)は東西両館の連絡通路・りぼん橋を「光の回廊」として演出する。夕方から夜間にかけて桜など季節に応じた模様がプロジェクターで投影され、来館者を歓迎する。

 hoKkoの4月5日オープンに合わせ、さくら野百貨店北上店、いわて生協ベルフ北上店、イオンシネマ北上、各テナントが入居する東館をつなぐ同橋で、夕方から夜間の目玉として来館者に親しんでもらおうと企画。

 24日に行われた点灯セレモニーで、八重樫社長は「西館でほっこに来場した皆さんに楽しんでもらい、東館に多く誘導し交流人口が増えてくれれば」とあいさつした。

 八重樫社長と髙橋敏彦市長、ツインモールプラザテナント会の七尾寛会長、さくら野百貨店北上店の藤原英二店長がテープカット。桜をイメージした映像が床面に投影されたほか、2021年の北上の三つの周年事業・トリプルアニバーサリーのプロモーションビデオの動画も映し出され、幻想的な空間が演出された。

 夏は清流、秋は紅葉、冬は雪景色といった四季折々の映像を映し出し、鬼剣舞などの動画も併せて来館者を迎える。七尾会長は「ほっこには子育て世代のほか、健診などで多くの人たちが来ると思う。東館にも来ていただき、全館にぎやかになってくれれば」と期待していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付