北上・西和賀

五輪目指し飛躍誓う アルペンスキー 葛巻選手(上野中今春卒)全国2冠【北上】

アルペンスキーの全国大会で2冠を達成した葛巻選手

 3月に開催されたアルペンスキーの二つの全国大会で、北上市立上野中学校を今春卒業した葛巻福春選手(15)が優勝した。今後は高校のトップ選手が集まる北海道のスキー強豪校に進学。全国2冠の誇りを胸に「他の選手と競い合う中で自分の技術を高め、1年からインターハイ優勝を狙う。将来はオリンピックやワールドカップで優勝したい」と一層の飛躍を誓う。

 葛巻選手は13日に新潟県の苗場スキー場で開かれたゴールドウインFISユースジャパンカップの男子U16の大回転を1分32秒07で制した。2年前はU14、前回は同じU16で優勝しており、年齢カテゴリーをまたぎ3連覇を達成した。28日に北海道の国設阿寒湖畔スキー場で行われたJOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニアスキー選手権大会のK2(中学生と高校1年の早生まれ)男子回転では、1分27秒04で日本一に。両大会で1本目、2本目とも出場者中最速のタイムをマークし、頂点に立った。

 葛巻選手は4歳から父親に教わってスキーを始め、小学1年で北上スキースポーツ少年団に入り大会に出場。夏場は登山やインラインスケートに取り組むなど、スキーに役立つ体づくりに励んできた。

 中学ではクラブチームの安比ジュニアで技術を磨き、今季からは全日本スキー連盟の国内強化指定選手に選ばれている。

 この選出によりレベルアップへの意識がさらに高くなったといい、8月から中学校の特設ラグビー部に入ったことで体力が向上した。持ち前の勝負強さや前向きな考え方も好結果につながったが、「自分の力を出し切れなかった大会もあったし、優勝してもまだまだ直すところはある。荒れたバーンなど、どんな状況でも自分の滑りができるようになりたい」と、課題を自覚。小樽双葉高校スキー部でチームメートと切磋琢磨(せっさたくま)し、さらなる高みを目指す。

 今月2日は今シーズンからスポンサー契約を結んでいる北上市の総合型地域スポーツクラブ・NPO法人フォルダに戦績を報告。長屋あゆみ理事長は「信念や実直さを感じさせる人柄で、一生懸命に取り組んだ結果が優勝となりうれしい。スキーに取り組む子供たちにとっても励みになる存在。これからも活躍して北上市初のオリンピック選手になってほしい」と期待する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年11月29日付
北上・西和賀
2021年11月29日付
北上・西和賀
2021年11月29日付
北上・西和賀
2021年11月29日付